社労士受験関係 社労士試験に関する情報

【社労士受験オススメ】勉強をサポートするテキスト・問題集をご紹介【2022年度版】

社労士資格受験生のみなさま、お疲れ様です!!

順調に社労士受験の勉強は進んでいるでしょうか?
計画通りの方も、少し手間取っている方も、受験日当日までやることは一緒ですので

とにかく出来る限りの事を頑張ってやり抜きましょう!

使える時間、スキマ時間を利用してコツコツと前に進んでいきましょう。

ところで、通信講座や独学で勉強をしていると

この勉強で、ちゃんと合格ラインまでいけるのか?

っと不安になったりすることが、あるのではないかなと思います。
もちろん、今の勉強方法で充分に足りていれば問題はありません、頑張りましょう!
ただ漠然と進めるより、少し間口を広げてみようかなっと思うのも当然かと思います。

今回は、通信講座や独学での補助(知識の上乗せ)目的として、
オススメ出来るテキスト・問題集を記事にしたいと思います。

2022年版 社労士年金ズバッと解法 古川飛祐  (著)

はじめにご案内したいのが
2022年版 社労士年金ズバッと解法【応用問題強化エディション】
色々な所でご活躍されている、社会保険労務士の古川氏が執筆されたテキストになります。

このテキストの凄い所は、
問題の9割は読まなくていい」っという視点で作成されている所です。
読み進めていくと、勉強のやり方と国民年金・厚生年金で、
必要なポイントをまとめたチャートを用意されています。
これを読み込んで勉強していくと、何が重要で、
何を読み飛ばして試験に挑めばいいのかとわかっていきます。

テキストの中で過去問をベースに読み解くべき場所、
読まなくても大丈夫な場所を分かりやすく色分けして教えてくれます。

応用して自分で過去問を解いていくと、
社労士試験あるあるの「時間が足りない!!」が解消されます。

他にも、テキストの途中にコラムを用意されており、社労士へのイメージがどんどん沸いてきます。
テキストの終りの方には、著者古川氏の社労士受験に対する心構えなどをまとめたページもあります。
巻末には国民年金・厚生年金の暗記カードも用意されており、
副教材としてではなく、メインの教材としても十分に対応可能な内容となっております。

2022年版 ユーキャンの社労士 これだけ! 一問一答集

ユーキャンは通信講座も用意されていますが、
このテキストは通信講座を利用していても、使いたくなる最後の一押し問題集となります。

コンパクトな新書サイズで出来ていますので、持ち運びも楽ちんです。
とても重要な過去問とユーキャンオリジナル問題とミックスして問題集が作成されています。
そして、単元ごと(労基・安衛など)に簡単な図表を用意しています。
これが、とても見やすい。物凄く便利です。
簡潔に、「どこに提出」「いつまでに提出」などをまとめています。

最後の総まとめとして利用出来ますし、単元ごとの簡単な復習が可能となっています。
試験会場に持っていって、最後のテキストとして観ても良いぐらいの内容となっています。
本書はとても優れた問題集になっています
(私は3回の受験で3回とも会場に持っていきました)

社労士V 2021年 06 月号(2021年度版)

厚生労働白書の対策として、より効果的に行えるのが本書になります。
3部作で構成されており、テキスト内容も読みやすく作られています

必要な情報や数字を色分けして作成されています。
月間雑誌になるので、全てが白書の勉強対策として用意されている訳ではありませんが、
社労士試験に向けて必要な白書対策の項目は全て押さえてあります。

厚生労働白書はとても膨大な量と数字が掲載されており、社労士試験でも
どこから出題されるか分からない、漠然とした形での対策となります。

社労士Vの6月号を読み進められると、試験対策として重要な部分をまとめてあります
過去(2021年度版)の本書にも書いてありますが、毎日白書対策として慣れていくことが、
試験対策として大切な部分となってきます。

みんなが欲しかった! 社労士 合格のツボ 選択対策 2021年度

選択式の対策として、一番評価の高い問題集になります。
この問題集に出てくる選択式問題が解けるだけで、本試験の選択式対策が可能な範囲を用意されています。

解答の解説はもちろんの事ですが、勉強に専念するために、
ツートンカラーで問題となる箇所を赤線印字しています。
TACの速習テキストなどは、たくさんの色を使ったり、
かわいい猫のキャラクターを登場させたり、勉強を飽きさせない工夫などされています。

本書は選択式まで、勉強の進度が進んでいる方を対象にしていますので、重要点を抑える色使いとなっています。
選択式の対策本として取り組む、教材に利用してみてはいかがでしょうか

本試験をあてる TAC直前予想模試 社労士 2021年度

もう一つTACからになります。
書籍販売の社労士模擬試験のテキストの中で、特に評判の良い模擬試験集になります。
実際に過去の同じシリーズの中で、ここで予想した問題が本試験で出題されたりなど、
とても為になる模擬試験集になります。

色々な通信講座や通学講座で模擬試験を用意されているので
実際の試験に合わせた対応が出来るのは各社の模擬試験になるでしょう。
今の自分の実力も分かりますし、時間配分も確認取れる(ここ重要ので、大事になります。

しかし、時間の都合や料金の面で中々踏み切れない方もいるでしょう。
本書は、自宅で模擬試験を行える点で非常に使い勝手の良い教材となっています。
また、時間が用意出来ないからと、模擬試験をやらないということはやめましょう。

この教材を利用して、予想問題を解いていくことが大事になります。
プロが研究して対策をとっていますので、受験勉強として、やるべき事の一つになります。
1単元事でも、時間を気にせずに行う事が大切です。
ですから、「1単元行って復習」「また行って復習」とやる事が大事になってきます。

あとがき

以上で、通信講座や独学での補助(知識の上乗せ)目的とした、テキスト・問題集の紹介になります。

あともう少し、勉強のスパイスとして欲しいな!

って思われたら、是非検討材料の一つとしてご参考ください。

ここまでご覧いただきありがとうございます。
この記事がお役に立てたら幸いです。

社労士通信講座のまとめを用意しています。
勉強材料としてこちらも参考にしてみてください。