社労士受験関係 社労士試験に関する情報

年金アドバイザー3級は、社労士試験を受験するなら、受けるべき資格!

この記事で解決できる悩み

・年金アドバイザーってなに?
・国家資格?民間資格?
・社労士受験生みんなが受けているけど意味あるの?
・社労士(社会保険労務士)に興味があるなど・・・

社会保険労務士の試験の中で、

高得点が出しやすい科目、高得点を目指すべき科目」が

国民年金法、厚生年金保険法になります。

年金2科目で高得点を取る人が、

社会保険労務士の試験に合格する人!」と言われるくらい社労士試験にとって大事な科目になります。

色々なテキストに目を通してみても、
年金2科目は大事
と謳っているテキストがほとんどです。

年金2科目は社労士試験の問題の中で問われている論点が、
基本的な事項からの出題だから大事、だと言われています。

そんな年金2科目を勉強する中で、社労士試験の勉強の間のどこかで、
取れる時間がある時に年金アドバイザー3級テキスト問題集 を見てみることをオススメします!

社労士の資格取得を目指している受験生にとって、
国民年金や厚生年金の知識の再確認として、年金アドバイザー3級試験の勉強はとても役に立ちます。

年金アドバイザー3級の過去問を勉強すると、
今後社労士として必要になってくるであろう、実務的な内容も少し含まれています。
(本腰を入れてのより実務的な内容は、2級試験の内容となります)

今回の記事では、私が年金アドバイザー3級試験に合格した時の気持ちを記事にしていきます。

勉強難易度は、社会保険労務士試験を合格するには必須LV


年金アドバイザー3級試験は銀行業務検定協会が行う、民間の資格となります。

私の年金アドバイザー3級合格証書です。

民間の資格という事で、国家資格の社会保険労務士を狙っている方には少しイメージと違うかもしれませんが、

勉強の内容は、全くと言っていいほど「社労士試験」と一緒です。

銀行業務検定という名前の通り、本来は銀行の方が窓口などで年金に関するお問い合わせを、
答えれるようにする為の資格という色合いがあります。

ですが、勉強をする内容は全くと言っていいほど社会保険労務士試験と一緒です。(大事なので2回目

社会保険労務士試験の勉強の寄り道になる!っと思われるかもしれませんが、結果的に復習になります。

特に覚えにくい、計算や数字関係の勉強もあるので、為になる部分がとても多いです。

気持ちに余裕のある時に、テキストに目を通してみてください。

結果的に、社会保険労務士の勉強の復習になると言いました。

ただ猛勉強をしている中での寄り道には不安があるでしょう。

なので、心に余裕のある時にでも、ちらっとテキスト問題集を見てみてください。

しかし、気持ちに余裕がなくても、一つだけお伝えしたいことがあります。


目標の資格ではなくても、合格をしたら凄く嬉しいです!
勉強への活力になります!年金2科目の自信にめちゃくちゃ繋がります!!



これ、凄い励みになりませんか?
私は合格証書を手に入れた事によって、自信につながっています。

まとめ

足早にですが、年金アドバイザー3級の資格についてお伝えいたしました。

勉強の邪魔で寄り道になるかもしれませんので、受験をして欲しいとまでは言えませんが

心に余裕のある時に年金アドバイザー3級のテキスト問題集 を見てみてください

きっと役に立つはずです

今回は以上となります。
ここまでご覧いただきありがとうございました。

合わせて読みたい、こちらの記事もおすすめです!