社労士受験関係 社労士試験に関する情報

【社労士受験】独学教材や通学、通信講座など勉強ツール選び【試験対策】

先日、社会保険労務士の資格取得に向けて
勉強ツールとして何を利用しているか、通学や通信講座などの事をTwitterにて質問してみました。

たくさんの方に投票していただいた事、とても感謝しています。

今回は、この投票結果を踏まえて勉強ツールとしての教材選びを記事にしていきます。
是非ご参考ください。

勉強ツールは大きく分けて3つ

社会保険労務士の資格勉強に利用する勉強ツールは主に3つになります。

  • 資格学校への通学で学ぶ
  • 通信講座を利用して学ぶ
  • 独学で市販のテキスト等を利用して学ぶ

勉強の軸として、この3つの方法がほとんどです。
補助として何かを利用するという事はあるかもしれませんが、メインではこの3つになりますね。

アンケートの結果では「約75%の方が通信講座を利用する」というお答えを頂いてます。
各勉強ツールのイメージは下記の通りになります。

資格学校への通学

大手専門学校を利用して、プロの講師から学ぶというスタイルになります。
学校になりますので、講師と対面で学んでいくことになります。
資格の事を考えたプロの方たちが考えたカリキュラムとなりますので、
学びやすさがあるでしょう。

また、周りに同じ志を持った方たちがいますので、場合によっては楽しく学ぶ事が出来るでしょう。

通信講座で学ぶ

あらかじめ用意された講義用映像・テキスト・問題集を利用して勉強していくスタイルになります。
最近はインターネット接続やファイルのDLを行い、
スマホやタブレットなどを利用して講義を、手軽に視聴出来るように設定されています。
また専用のアプリや独自のSNSなども用意され、勉強意識の高まる工夫がされています。

通信講座もプロの講師陣が考え抜いたカリキュラムを用意していますので、
安心して勉強を続けていくことが出来ます。

独学で勉強する

主に市販のテキストと問題集を用いて、勉強をしていきます。
お手軽に勉強をスタートすることが出来る事が最大の良さとなります。

書店やECサイトでお好みの出版社の書籍を選び、勉強を積み重ねていきます。
コストパフォーマンスに優れているのが独学の素晴らしい所です。

勉強ツールを選ぶ基準点は「料金」「時間」「モチベーション」

ここで3つの勉強ツールから、どのスタイルを選んで試験勉強を行っていくのか。
基準点の重きをどこに置いて選ぶかという選択が必要になります
基準点は主に3つと考えます。

  • 料金は勉強に掛かるコストになります。
  • 時間とは勉強に取られる「拘束時間」になります。
  • モチベーションは勉強を続けていけるかどうかの気持ちの持ち方です。

上記が選ぶポイントのまとめになります。
もう少しご案内していきます。

料金について

料金は通学>>通信講座>独学で大きく違ってきます。
勉強ツールを選ぶにあたり、お金の問題は必ず出てきます。
これはご自身の生活状況から加味して頂けたらと思います。

学校スタイルで学ぶのが好きか、一人で黙々と勉強を続けるのが好きか、
この辺りも関わってくる所でしょうか。

時間について

時間についてとは「勉強に対する時間の拘束」のことになります。
通学は学校に通って一定の学びを受けますので、時間を取られることでしょう。
一方、通信講座と独学は自分の裁量で勉強をすることになりますので、
時間の自由が利きます。
その分、しっかりと自分の意志を持って勉強に取り組まないと、
通学の方より勉強に遅れを取る可能性が高まります。

モチベーションについて

実はモチベーションの維持が社労士試験で一番大きな問題(大変)になると考えます
これは独学の実体験からお伝えする事項となります。

本試験の1年前から独学で勉強をスタートさせて、勉強をしていると
ある時に、自分の学びの立ち位置(合格ラインに辿り着く基準)が良く分からなくなります。
キチンと勉強をしているつもりが、
このままで合格するのかな?」
「勉強に段々と疲れてきたな」
「お金がかかってないから、いつでも辞めれるしな

など、考るようになり、
意思が途切れると、自分が好きな事に取り組むようになってしまい、
最終的に勉強が疎かになります。

その点、通学や通信講座は、手段は違えど多くの仲間と交流することが出来ます。
交流をしていなくても「したつもり」になれることがモチベーションの維持に大切な事になります。

ご自身が取れるモチベーションの維持の方法を選ぶようにしましょう。

学び方は人それぞれになりますが・・・

今回3つの勉強ツールをご案内いたしました。
これから受験を考えられている方、また勉強ツールを悩まれている方の比較として参考になればと思います。

ただここまで述べてお伝えしたい事は、独学は正直オススメしません
社会保険労務士の資格を取得される方のほとんどは、勉強に余り時間が割けない方だと思います。
独学は、料金は抑えれますが、時間効率やモチベーション、記憶への定着を考えると、
非効率で勿体ないかなと実体験で感じています。

料金はかかってしまいますが、
なるべくなら「プロが考え抜いたカリキュラムを受講する」ことをオススメします。
勉強の効率(記憶への定着)が段違いです。

とはいえ、いずれの方法で勉強をスタートしたとしても、目指すゴールは一緒です。

一度始めた勉強が無駄になることはありません!
是非、社会保険労務士の資格を取得を目指して頑張りましょう!!

今回は以上となります。
ここまでご覧いただきありがとうございました。