NFT

WL(ホワイトリスト)を獲得するための行動【獲得前・獲得後の動き方など】

今回の記事は



WL(ホワイトリスト)を獲得するための行動をまとめています。


獲得前・獲得後の動き方、また注意点など、
WLを取得するのに必要な知識になるようにしています。

この記事では、「WLとAL」は同義語として取り扱います。認知としてWLの方が日本では一般的ですので、WLを用いて説明しております。

改めてWLとは?

NFTやBCGに触れると、Twitter等でよく見かけるフレーズ

WL(ホワイトリスト)」

WL(ホワイトリスト)とは

「ホワイトリストとは、対象を選別して受け入れたり拒絶したりする仕組みの一つで、受け入れる対象を列挙した目録(リスト)を作り、そこに載っていないものは拒絶する方式。また、そのような目録のこと」である。

NFTやBCGの世界では、ホワイトリストの権限を取得した人に
優先してMINTなどの権利を与えることで使われています。

実際には、どんな思いでWL獲得に動いているのか。

例えば・・・

Aくん
Aくん

どうしても手に入れたいNFTのプロジェクトを見つけた!
優先権(WL)を持っていると、手に入る可能性が高まるので
WLを取得しておきたい!


Bくん
Bくん

このBCG(ブロックチェーンゲーム)を始めるにはゲームパスが必要なのか・・・
ん?WLを手に入れたら優先してパスの購入権利が手に入るだと!!!



上記のような理由などでWLを手に入れたい人、欲しくなる人がたくさんいます。

また有名プロジェクトや人気シリーズになると
NFTに価値が生まれ、転売をして儲けるためにWLを取得する人もいます。

準備(メタマスクや仮想通貨口座など)

WLに応募をするその前に!

NFTやBCGを楽しむためには必ずと言っていいほど必要なものがあります。
それが「仮想通貨口座」と「仮想通貨専用Wallet」です。

この2つはNFTを楽しむために必ず必要となりますので、
この記事をみた後、すぐに検索して導入するようにしましょう!

この後行動出来ない方は、後々に後悔しますよ。

WL獲得の方法(情報収集編)

では、WLを獲得するためには、まずどのような行動を取るべきか

1.Twitterで検索する
2.公式Discordで情報収集

主に2つの手段を利用してWL取得を目指していきます。

1.Twitterで検索する

Twitterのハッシュタグで「#Giveaway」や「#Freemint」で検索すると

NFTやBCGのgiveawayキャンペーンを行ってるtweetを見つけることができます。

自分の好みに合うgiveawayを見つけて、応募してみましょう!

2.公式Discordで情報収集

Twitterとは別に公式Discord(情報共有チャット)でWLを獲得するチャンスがあります。

Discordに参加している方のみを対象にしたWLイベントなどが行われ、

Discord内のサーバー内の個人LVを上げてみたり、
ボタン一つで応募できるイベントだったり、
募集要項に記入して応募をしたりなど
様々な手段で手に入れるチャンスを用意しています。

また日本語チャットなどで、情報提供をたくさん行う事で
運営に喜ばれ、WLを報酬として提供しているプロジェクトもあったりします。

お目当てのNFTやBCGが見つかった場合は、
一度Discordに参加することをおすすめします!

WL獲得の方法(応募編)

TwitterやDiscordに参加することで手にした情報を元に、
今度はGiveaway企画を行っている方の募集要項にチャレンジしてみましょう!

ほとんどの場合、参加方法は下記2つになります。

1.Twitterで「いいね&RT」と「友人数人にこの企画を紹介(メンション)する」
2.gleamなどの募集ページで記入する

上記2つ+Discordでの独自応募に参加する事がほとんどになります。

1.Twitterで「いいね&RT」と「友人数人にこの企画を紹介(メンション)する」

Giveaway実施者の方が指定している方法を行いましょう!
いいね&RT」と「指定されたアカウントのフォロー
それと「リプで友人数人に紹介する」「公式Discordに参加する

上記がほとんどとなりますので、指定された通りに実施しましょう!

2.gleamなどの募集ページで記入する

入力専用のフォームにアクセスして、応募に参加する方法もあります。
募集ページに記載されている内容をよく読んで、漏れの無いように入力を行いましょう!

WL獲得後の動き方(DMや知っておくべきマナーなど)

次は、WLを取得出来た時の行動を知っておきましょう!

あなたが応募をした結果、見事にWLに当選したとします。

そのうちTwitterのメンションやDMなどで、応募先から連絡が入ると思います。
多くの場合「このように動いてくれ」と指示された内容が届きますので、
応募先の方の指示通りに動きましょう!

応募先の方もプロジェクトより、このようにお願いしますと頼まれています。
お互いがスムーズに動けるように対応しましょう!

ここからは、実際にGiveawayの応募先として動いている方から、
当選者様より、よく尋ねられる質問をまとめます。

厳しいことを言うようですが、自分で調べることのできない人は詐欺にひっかかります 。

ここで知識を積み上げておきましょう!

当選後よくある質問集

 TwitterID(@○○○○)  discordID(○○#----)Walletアドレス を準備する

TwitterIDとDiscordID、仮想通貨Walletのアドレスは必須ですので
必ず事前に準備しましょう!

応募先の方からIDやアドレスを下さいと尋ねられますので、
すぐに動けるように準備しましょう!

コピペがしやすいようにIDやアドレスは単体で送る

DMでIDやアドレスを相手に送る時は、必ず一文で送りましょう!



「当選のDMありがとうございます!TwitterのIDはこちらでお願いします!」

「@○○○○ 」

「こちらのIDで登録お願いします、よろしくお願いします」

こういう形(例)で送りましょう!


応募先の方は送られてきた内容をコピーして提出します。
何十件、何百件と対応されている方もいます。

お互いが少しでもスムーズにWLを取得する作業が出来るように
気を付けて送ってみましょう!

OG/WL/AL 実際の所プロジェクトによって定義が違います

OGやWL、ALなど定義が分かりづらい表現が多くあります。
表記と定義の価値観がPJによって違いますので確認は公式Discordで行いましょう。

ここでは一般的に認知されている定義で表現します。

  • OG=OriginalGangster 主に「WLの上位として扱う」と「PJの初期メンバーとして扱う」の2つに分かれる。また、ただの栄誉職(お飾り)の扱いもある模様(PJによって違うのでここは要確認
  • WL=ホワイトリスト 「優先権」の定義
  • AL=アローリスト ホワイトリストと同義語 「優先権」の定義

確認を行って、しっかり目的のNFTを手に入れましょう!

freemintもガス代かかるよ! 

よく見かけるfreemintのNFTプロジェクトなどあります。
実際にNFTを手に入れる事は無料です。
ただし、手に入れる為にはガス代と言われる「手数料」が必要になります。
仮想通貨を利用した取引に、必ず必要になるのが手数料です。

ブロックチェーンのネットワークに払う手数料だと認識してもらえたら大丈夫です。

詳しくは「NFT ガス代」で検索してみてください。

 ギブアウェイ実施者 ≠ 運営 なのでプロジェクトのことは運営に聞きましょう

よく「Giveaway実施者=運営」と思われる方がいますが、
実施者は運営の人たちではありません!

あくまで運営に協力を行っている人たちです!

ですので、
NFTやゲームなどPJに関する内容は、運営のTwitterやDiscordで問い合わせを行いましょう!
実施者に答えを求めても、ほとんど何も答えれません。

繰り返しになりますが、

質問は運営へ!!

 ディスコードのチケットの切り方!

Discordには運営サイドに、直接質問が出来るシステムがあります。
多くのPJでは「ticket」という単語と共にスレッドとして機能しています。

参考までにブロックチェーンゲーム「Stella Fantasy」のDiscordでは、

左にあるスレッドの一覧に、TICKETSっと書かれているスレッドがあります。
ここではその下のsupportをクリックします。

すると、このような形で問い合わせが出来るフォームが登場します。
ここでCreate ticketをクリックして、運営サイドもしくはMODと直接を会話することが可能となります。

多くのプロジェクトはこれに似た方法でサポート体制をとっていますので、
是非この方法(似たような方法)で問い合わせ出来ないか、確認をしてみてください!

Discord参加時に一言発言しておきましょう!

Discord参加が必須なPJもあります。
Discord IDの提出は必須になりますし、
運営がロールを付与するときに、検索機能を使ってDiscord IDを確認することがあります。
ですので、「hi」でもいいので、一言発言をしておくようにしましょう!

この一言が無いために、ロールが付与されないという事があるかもしれません。

自分のWalletアドレスを知っておく

イーサアドレスってなんですか

Giveaway実施者達の中で、とても多い質問の一つになります。
これはメタマスクなどの特定のブロックチェーンのWallet(お財布)のコードになります。
このWalletアドレスというコード1つで、仮想通貨の管理を行う事となります。

NFTの送付などでWalletアドレスは必須となりますので、持っていない方は作成しましょう!

参考までに必要とされるWalletアドレスの確認方法(MetaMask)はこちらになります。

MetaMaskのアカウント名の下に長い英語と数字の羅列があります。
これがWalletアドレスになります。
横にコピーのボタンがありますので、必要に応じてコピーして提出しましょう!

配っている人、PJに関わらず 必ずサブ(捨て)ウォレットを使用 

人気のGiveaway実施者や大型PJなど、信頼のおけるPJはたくさんあります。
信頼がおけるからと言っても、過度に信頼はしないようにしましょう。
実施者が予期せぬPJもあるかもしれませんので、応募をする際は必ずサブWalletで行いましょう!

これは自分の身を守るための行動の一つです。

NFTやBCGはまだまだ、詐欺の温床です。
どんな方法であなたの大切な資産が盗み取られるかわかりません。
大事な大事なあなたの資産を取られないように、
メインとなるWalletアドレスは応募に使用せず、
無くなってもよい、サブWalletで応募をしましょう!

詐欺は体験した人にしかわからない事かもしれませんが、
他人事だと思わず、キッチリ対策をしましょう。

安全第一にNFTやBCGを楽しみましょう!

当選証明が必要といわれた場合のスクショのとり方

時々、当選したことをスクリーンショットで証明(提出)してくれというPJがあります。
基本的にはお使いのPCやスマホのスクリーンショット機能で大丈夫です。

各OS スクリーンショットで検索すると、取り方が出ますので確認して行いましょう!

WL当選メール詐欺

経験が少ない状態でGiveawayに参加すると、WLの当選メール詐欺に引っかかる可能性があります。

Giveawayに参加する人の中には、何も考えずに応募を行い、
どのPJに参加したかを覚えていないことがあります。

そのうちに詐欺のDMが届き、あたかも自分は当選したのか!っと興奮し、
何も考えずに届いたDMに返信してしまうことがあります。
相手に誘導されるまま、詐欺に遭い、Walletの中をすべて取られてしまうという事があったりします。

また「あんた1BNB当たったよ!こっから申し込んだら振り込むよ!
こういうDMに引っかかってしまう方もいます。
50,000円当たりましたよ!では引っかからなくても、
仮想通貨で当たったよと連絡が来ると、
なぜか詐欺に引っかかってしまう人がいます。

自分はそんな詐欺には引っかからないよー!

っと思っている人程、実は後悔をしてしまう行動をとられる方がいます。

当選メールが届いても一旦深呼吸をして、
自分に身に覚えのあるPJなのかどうか、一度確認をしてから先に進めましょう!

稼げるかどうかは分からない

Aくん
Aくん

WLを取得し、無事にNFTをゲットしたけど本当に稼げるの?

Giveawayに参加された方の中には、稼ぐことを目的に動いた方もいるでしょう。
結論、

稼げるかどうかはプロジェクト次第!

です。

日夜動く波に乗れるのかが、稼ぐためのポイントになります。

人気の出るプロジェクトならNFTの価格が上がり、販売すれば稼げるでしょうし
人気が出なかったプロジェクトは売ることすら出来ない状態になるでしょう。

ここは経験と情報収集が働く世界です。

ご自身で行動が取れるかどうかチェックしてみてください。